七五ブログ

shichigo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お知らせ( 39 )

2017年度 課題図書一覧

「え? もう夏休みの課題図書??」

そうなんです。ちょっと早目ではありますが本年度で66回目となる「青少年読書感想文全国コンクール」の課題図書をご用意させていただいております。
(以下、全国学校図書館協議会の紹介より)

<小学校低学年の部>
e0166599_12354315.jpg
『アランの歯は でっかいぞ こわーいぞ』
ジャーヴィス・作 青山南・訳 BL出版 1500円+税

大きくてかみそりみたいなアランの歯。
お手入れをし、みんなをこわがらせにでかけます。でもこわーいだけじゃない!
大切で特別なアランの歯のお話。

e0166599_12361232.jpg
『すばこ』
キム・ファン・文 イ・スンウォン・絵 ほるぷ出版 1500円+税

すばこは、ひとが作った鳥の家です。
そざいも、大きさもいろいろ。
じつはドイツの貴族の男性がはじめたって、知っていましたか?

e0166599_12363361.jpg
『ばあばは、だいじょうぶ』
楠 章子・作 いしい つとむ・絵 童心社 1300円+税

 大好きなばあばが「わすれてしまう病気」になって変わってしまった。
そして冬の寒い日、ばあばがいなくなり・・・感動に包まれる絵本。


e0166599_12365297.jpg
『なにがあっても ずっといっしょ』
くさの たき・作 つじむらゆきこ・絵 金の星社 1200円+税

オレはサスケ。
だいすきなサチコさんはニンゲンだけど、イヌのことばがわかる。
ある日、サチコさんがオレをおいていなくなった!? なぜだ?


<小学校中学年の部>
e0166599_12461958.jpg
『耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ』
ナンシー・チャーニン・文 ジャズ・ツヤ・絵 齋藤洋・訳
光村教育図書  1400円+税

ストライク! アウト!
場内アナウンスも大液晶画面もない時代、
審判のジェスチャーを考案し、観客を熱狂させた、大リーガーの伝記


e0166599_12474053.jpg
『干したから・・・』
森枝卓士・写真/文 フレーベル館 1400円+税

「干す」ってなんだろう?
干した食べものを通して、「食」が自然の恵み、そして人の知恵と思いの上に成り立っていることを伝えます。


e0166599_12480941.jpg
『くろねこのどん』
岡野かおる子・作 上路ナオ子・絵 理論社 1400円+税

えみちゃんが一人でるすばんをしていると、こっそりとやって来る小さなねこ。
なかよくなりたいな・・・自由に生きるくろねことの友情の育てかた。


e0166599_12485363.jpg
『空にむかってともだち宣言』
茂木ちあき・作 ゆーちみえこ・絵 国土社 1300円+税

ナーミンはミャンマーからの転校生だ。
あいりはすぐに仲良くなるが、給食のときに事件が!
ナーミン一家が難民を知ったみんなは・・・。


<小学校高学年の部>
e0166599_12545748.jpg
『チキン』
いとうみく・作 こがさわかおり・絵 文研出版 1300円+税

面倒なことをさけていた主人公が、言いたいことをはっきり言う転校生とのかかわりを通して、クラスの友達と一緒に成長していきます。


e0166599_12563610.jpg
『ぼくたちのリアル』
戸森しるこ・著 佐藤真紀子・絵 講談社 1300円+税

人気者×転校生×平凡なぼく=デコボコなぼくら。
ぼくたちは、少しずつちがう。だから支えあえる。
三人の少年の忘れられない夏の友情物語。


e0166599_12572328.jpg
『霧のなかの白い犬』
アン・ブース・著 杉田七重・訳 橘 賢亀・絵 あかね書房 1400円+税

白い子犬がやってきてジェシーは大喜び!
けれど犬を飼った理由には、戦争に関わる祖母の過去が・・・。
家族のつながりを描く物語。


e0166599_12580118.jpg
『転んでも、大丈夫』
臼井二美・男 ポプラ社 1200円+税

新しい人生を、前むきにふみだすきっかけを作りたい!
パラリンピック選手を支える臼井さんが、義足にこめるあつい想い。



<中学校の部>

e0166599_12245918.jpg
『月はぼくらの宇宙港』
佐伯和人・作 新日本出版社 1500円+税

最新の月科学、人類十月の関わり方を絵や写真を使い紹介。
宇宙ヤツキの理解を助ける実験も豊富に掲載。宇宙開発未来図を広げます。


e0166599_12270300.jpg
『ホイッパーウィル川の伝説』
キャシー・アッベルト / アリスンマギー・著 吉井知代子・訳

森で暮らす二人の姉妹は、特別な絆で結ばれていた。
この姉妹と、ある使命をもって生まれた子ギツネの魂が響きあう神秘的な物語。


e0166599_12280525.jpg
『円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦』
鳴海風・作 伊野孝行・画

江戸時代、円に魅せられたさむらいがいた!
円周率の謎を追い求めた壊疽の天才数学者、関孝和の物語。




<高等学校の部>

e0166599_12340282.jpg
『フラダン』
古内一絵・作 小峰書店 1500円+税

女子ばかりのフラダンス愛好会に集められた4人の男子高校生。
その目的とは? 震災から5年後の福島を描く、涙と笑顔の青春ストーリー。


e0166599_12341398.jpg
『ストロベリー・ライフ』
荻原 浩・著 毎日新聞出版 1600円+税

「農業なんてカッコ悪い! そう思っていたけど・・・」
つぶれかけたイチゴ農家と家族の再生を賭けて、ど素人の長男がイチゴづくりに挑む! その味は?


e0166599_12343257.jpg
『犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと』
大塚敦子・著 KADOKAWA 1500円+税

 日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた聖路加国際病院。4人のこどもたちの正史を通して描いた感動の記録。


以上、18冊です。


 (M)
[PR]
by 75bs | 2017-06-22 12:18 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
年末年始の営業時間のお知らせです。

七五書店

12月28日(水)~30(金) 平常通り
12月31日(土)10:00~19:00

2017年 1月1日(日・祝)休業
1月2日(月)13:00~20:00
1月3日(火)13:00~20:00

1月4日(水)から、平常通り営業いたします。


まほろば珈琲館

2016年12月31日(土)から2017年1月3日(火)まで、お休みさせていだだきます。

[PR]
by 75bs | 2016-12-28 12:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
七五書店、年末年始営業時間のお知らせです。
2015年 12月23日(水・祝)10:00~22:00  ※祝日ですが22時まで営業します
12月27日(日)10:00~20:00  ※臨時営業します
12月28日(月)~30(水) 平常通り
12月31日(木)10:00~19:00

2016年 1月1日(金・祝)休業
1月2日(土)13:00~20:00
1月3日(日)13:00~20:00

1月4日(月)から、平常通り営業いたします。

まほろば珈琲館は
2015年12月31日(木)から2016年1月3日まで、お休みさせていだだきます。


当店と珈琲館では営業日・時間が異なりますので、別途ご確認のほど宜しくお願いいたします。

 (M)
[PR]
by 75bs | 2015-12-18 11:57 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ブログ背景等の変更

背景・レイアウトを変更しました。

見慣れるまでご不自由をおかけすると思いますが

宜しくお願いいたします。

(M)

[PR]
by 75bs | 2015-11-12 12:43 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
毎度ながら大変ご無沙汰しておりました。

さて、今年も10月10日(土)より
【BOOKMARKNAGOYA (ブックマークナゴヤ)2015】が開催されます。
公式WEBサイトは → コチラ

恒例になりました円頓寺商店街での古本市や、参加店でのスタンプラリーをはじめ、たとえば中日新聞も連載されていた名古屋在住作家・吉川トリコさんによる名古屋を舞台にした短編小説集『名古屋16話』の刊行記念トークイベント。

子ども一日書店員

新しくオープンしたCarlova360さんでのイベントや、名古屋の老舗本屋の一つ、ちくさ正文館さんの特別企画などなど、今年も興味深い催し物が目白押しです。


さて、その中で私もお手伝いさせていただくトークイベントが
e0166599_12184312.png


『刑事・鳴沢了』『アナザーフェイス』『チーム』など、警察小説・スポーツ小説のヒット作を連発されている作家・堂場瞬一さん。名古屋で初開催のトークイベント&サイン会です。

著者100冊達成を記念してのこのイベント、聞き手は、地元名古屋から全国へとご活躍中の書評家・大矢博子さん。
軽快で巧みな話術でお話を聞き出してくださる大矢さんなので、このイベントだけの意外な話、なども飛び出すかもしれません。

人数確認のため、ひと手間をいただいて申し訳ありませんが、公式サイトの申込フォームからか、当店へのお電話にてご予約を承っております。

公式サイトでの予約は → コチラ

お電話での予約は  052-835-0464 七五書店まで
(平日10:00~22:00まで。 日祝日は10:00~20:00まで。10月11日の日曜日は定休日のためお取次ぎは致しかねますので、何卒ご容赦くださいませ。)


開始よりおおよそ1時間ほどをトークタイム、その後準備ができ次第サイン会に入らせていただきます。
(著作も取り揃えておりますので、新作、もしくは未読作品などご入手いただけるかと思います。)


この機会に是非、とても素敵な堂場さんのお話を間近でお聞きくださいませ。
皆さまのお越しをお待ちしております。 ^^

(M)
[PR]
by 75bs | 2015-10-08 12:21 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
町の本屋さん、本屋の自分が言うのもなんですが、本当に減りましたよね。

 ニュースでも取り上げられていたのでご記憶のある方もいらっしゃるかと思いますが、昨秋、海事書の品揃えは日本一、そしてとても素敵な町の本屋であった神戸の海文堂書店さんが惜しまれつつも閉店となったとき、出版社・夏葉社(吉祥寺)をお一人で営んでいらっしゃる島田潤一郎氏が、いま私たちに必要なのは町の人々に本当に必要とされる 本屋のイメージではないか、そして本屋のために何から取り組むべきかを具体的に考えていくために何か行動を起こしたいと、「町には本屋さんが必要です会議」(通称・町本会)という場を、東京にある往来堂書店の笈入建志氏らとともに立ち上げてくださいました。

町本会についてのの詳細は、「町本会ブログ」に明記されておりますので、よろしければそちらをご覧ください。

町本会ブログは → コチラ(2014年1月のアーカイブです。町本会立ち上げの経緯等が掲載されています。)

その後、関東を中心に何度か会議が催されています。

そして来る7月13日(日)、なんと「町には本屋さんが必要です会議(町本会)」(ツィッターアカウント @machihonkai)の公開会議・第9弾を、当店で開催することになりました。

当店では、町本会について、どこかのお店で話を聞いてみたい、何か協力できることがあれば協力したい、と常々考えていましたが、まさか自分(店長)が話す側になるとは思っていませんでした。

こういったイベントを店で開催するのも初めてですし、個人(しつこいようですが店長)的にも「仕事について話す」機会はこれまでほとんどあったわけでもなく。
町本会という場のために何が話せるのか、わからないところもありますが、少しでもご来店の皆さまに「参加してよかった」と思っていただけるような時間にできればと考えております。

現在(6月10日より)、参加申込を先着順で受け付けております。


「町には本屋さんが必要です会議vol.9@名古屋」
〜『書店ガール3』と『あしたから出版社』刊行記念。〜

日時:2014年7月13日(日)

OPEN 12:30 START 13:00

会場:七五書店(愛知・名古屋)
467-0064 愛知県名古屋市瑞穂区彌富通2丁目4-2

出演:熊谷隆章(七五書店)・碧野圭(作家)・島田潤一郎(夏葉社)

会費:500円

* 6月10日からメール・電話にて予約受付開始となります。

メールでのお申し込みは
75bsin(●をアットマークに書き換えてください)gmail.com

または052-835-0464までお電話ください。


※イベント当日は定休日ですが、トーク終了後にお店をご覧いただけるような時間をつくる予定となっております。


町本会ブログでの紹介記事は → コチラ


当記事を作成するに当たり、町本会ブログ・当店フェイスブックより引用させていただいた部分があります。
ご了承くださいませ。


店長の出身高校の先輩でもいらっしゃる『書店ガール』や『銀盤のトレース』などの著者・碧野氏がご参加くださるのが、とても心強いです。^^

 (M)
[PR]
by 75bs | 2014-06-11 12:28 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
 本日(2012年10月5日)から28日まで
<BOOKMARK NAGOYA 2012(ブックマークナゴヤ2012)>
が開催されます。

 この「ブックマークナゴヤ」とは、名古屋を中心に大型新刊書店や個性派書店、古書店、カフェや雑貨店などが参加し、街のあちこちで本に関連したイベントやフェアを開催していて、今年で5回目になり、参加は50店舗・団体になります。
 各種のイベント・フェアについては、下記公式HPをご参考ください。

 BOOKMARK NAGOYA(ブックマークナゴヤ)公式HPは → コチラ

 実は当店も参加させていただいております。
開催するフェアは「漫画から始まる・広がる読書」。漫画のラインナップは『本屋の森のあかり』『花もて語れ』『草子ブックガイド』『図書館の主』『鞄図書館』を予定。
 名作がズラリと並ぶような感じになっているかと思います。
e0166599_12582468.jpge0166599_12595688.jpg

 公式HP内でもご紹介いただいております。 → コチラ

実行委員会企画イベントのひとつであります「第4回 名古屋の読者と書店が選ぶ「名古屋文庫大賞」(期間:10/05(金)~10/28(日))のノミネート作品も、正面棚で皆さまのおいでをお待ちしております。
e0166599_1934140.jpg


 そして本日(10/5)より、文庫本または新書をお買上のお客さまには、ブックマークナゴヤのオリジナルブックカバーをご用意させていただいておりますので、ご入用の際はレジにてお申し付けください。なお、このオリジナルカバーは無くなり次第終了とさせていただきます。
e0166599_12482585.jpg


「ブックマークナゴヤ2012 公式リーフレット」も配布しておりますので、お気軽にお持ちください。

 (M)
[PR]
by 75bs | 2012-10-05 19:36 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
少女漫画の棚にて『少女漫画おすすめ短編集フェア』を開催中です。
コミック担当者選りすぐりの読み切り作品を揃えました。読者の心を切なく甘くさせてくれる作品揃いです。6作品中3作品は当ブログでも紹介させていただいておりますので、よろしければご参照ください。

e0166599_12564395.jpg


e0166599_1225399.jpg『8月のまなざし』 八寿子・著
小学館 フラワーコミックス ベツコミ 400円+税
(当ブログ・作品紹介記事へ)




e0166599_12275124.jpg『後輩Aの告白』 夏目ひらら・著
集英社 マーガレットコミックス 400円+税
(当ブログ・作品紹介記事へ)




e0166599_12282556.jpg『まだ天の川にいけない』 森下suu・著 / 集英社 マーガレットコミックス 400円+税
(出版社HP 試し読み及び作品紹介へ)




e0166599_12294941.jpg『ロンリーガールとスペースボーイ』 吉井マリ・著 / 集英社 マーガレットコミックス 400円+税
(出版社HP 試し読み及び作品紹介へ)




e0166599_12301933.jpg『マシカク・ロック』 渡辺カナ・著 / 集英社 マーガレットコミックス 400円+税
(出版社HP 試し読み及び作品紹介へ)




e0166599_12304345.jpg『many』 堤 翔・著
白泉社 花とゆめコミックス 400円+税
(当ブログ・作品紹介記事へ)

 (M)
[PR]
by 75bs | 2012-05-23 12:54 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

追悼・土田世紀特集

 4月下旬に亡くなられた漫画家・土田世紀氏の作品を特集したコーナーを、レジ前に設けました。
e0166599_12404224.jpg


e0166599_12475231.jpg『定本 俺節』(全3巻) 太田出版 各1480円+税
気弱でアガリ症の主人公・海鹿耕治(あしかこうじ)は、高校卒業を間近にして、演歌歌手を目指して単身上京することを決意する・・・・・・。
流れ着いた果てに彼が歌に託すものとは?!
青春歌謡漫画の金字塔!


e0166599_11361699.jpg『現金を燃やす会』(全1巻) 日本文芸社 1400円+税
「いったん燃やしてもらえますか?」
「この千円でもっと違う思い出も作れたはず……」
夜な夜な開かれる【現金を燃やす会】があるという――。
シリーズ表題作ほか、全9話を収録!!


e0166599_12524638.jpg『編集王』(全10巻) 小学館(文庫) 各619円+税
ボクシング人生を絶たれたカンパチの第二の舞台は、漫画編集部のアルバイト見習い! 誰より熱い心を持つ彼が、ビジネスライクで仕事をする元・売れっ子作家(のマネージャー)や、“犬捨て生ゴミ野郎”な編集長を相手に、真っ向から立ち向かう!!



e0166599_1255303.gif『ギラギラ』(全7巻) 小学館 ビックコミックス 各505円+税
かつて、六本木でホスト王と呼ばれた男・七瀬公平は、結婚という幸せを手に入れ、ホスト界と決別、サラリーマンとして生きていた。だが、突然リストラを宣告され、生活のため辿り着いた先は古巣のホストクラブだった。ホストとして人生の再スタートを決意した男の新たな伝説が始まる。


e0166599_1258797.jpg『夜回り先生』(全9巻) 
原作:水谷修 小学館 IKKI comix  各562円+税
「夜回り先生」と呼ばれる夜間高校教師・水谷修が、夜の闇に飲み込まれそうな少年たちの更生に尽力する感動ドキュメント。各話(第0話を除く)ごとに「夜回りコラム『いいんだよ』」も収録。



e0166599_1323793.jpg『さよならが、いえなくて』 夜回り先生特別編
原作:水谷修 小学館 IKKI comix  各562円+税
夜回り先生に寄せるジュンの思いと、クスリが蝕むジュンの体。夜回り先生に決断の時が迫る! 大反響コミック特別編




e0166599_11443033.jpg『同じ月を見ている』(全7巻) 小学館 ヤングサンデーコミックス 各505円+税
数えきれないほどの不幸を背負いながらも、全身全霊で真実の愛を貫き通す男・ドンが見せる、切ないほどたくましい青春像!!








 謹んでご冥福をお祈りいたします。

 (M)
[PR]
by 75bs | 2012-05-16 11:48 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
e0166599_14113883.jpg

 東京の往来堂書店さんをはじめとする有志書店にて配布中の「まんが家さんに聞きました」(略して「まんきき」)を、当店でも取り扱わせていただいているのですが、4月末に発行された『まんきき EX.07』はマンガ家さんではなく、 「4コマ漫画はもっと売れてもいいと思ってる」 まんききチームの書店員が厳選した4コママンガのレビューを書いた増刊号で、当店店長のコメントも載っております。
 そこで店内にて『まんききEX.07』にて紹介されている4コママンガを集めてフェアを行なっております。
 読んだことがあるようで読んでなかったり、よく考えてみたら結構読んでいたり、4コママンガって結構不思議な位置にあるジャンルかもしれません。(実を言うと、私は普段読むことが少ないジャンルです。^^;) だけど面白い作品が集まっておりますので、好んで読むことがないと言う方にもご一読いただけたら嬉しいです。


紹介されている作品は、(各段・写真左から)

e0166599_14241232.jpge0166599_14242813.jpge0166599_14244470.jpge0166599_1425443.jpg

『ひよっこシスターの安息』 既刊1巻(山田古都子・著 / 芳文社 まんがタイムファミリー)
『まねきねこ不動産』既刊2巻(空乃さかな・著 / 少年画報社 ねこぱんち)
『ちいさいお姉さん』全1巻
(ゆとり:作画 マツダ 靖:原作 / アスキー・メディアワークス 電撃PlayStation)
『信長の忍び』既刊5巻(重野なおき・著 / 白泉社 ヤングアニマル)

e0166599_14261122.jpge0166599_14263330.jpge0166599_1426591.jpge0166599_14271723.jpg

『三国志魂』上・下巻
(荒川 弘:COMIC TALK 杜康潤:TEXT TALK / コーエーテクモゲームス)
『ぶんぶくかまのめし』既刊1巻(田丸 さと・著 / 竹書房 まんがくらぶ)
『だって愛してる』全3巻(むんこ・著 / 芳文社 まんがタイム)
『遠野モノがたり』全1巻(小坂 俊史・著 / 竹書房 まんがライフオリジナル)

以上8作品です。

 (M)
[PR]
by 75bs | 2012-05-07 14:29 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

平日午前中勤務のMです。おすすめ本をご紹介しています。


by 75bs