七五ブログ

shichigo.exblog.jp
ブログトップ

はじめまして

名古屋市瑞穂区に在る本屋・七五書店のブログです。

現在こちらでは、雑誌・児童書を担当するMがおすすめする作品の紹介をさせていただいております。
基本的にネタバレなしです。

新刊・入荷情報などは、<リンク/お知らせ>にあるTwitter、Facebookからお入りくださいませ。

主に「小説・ノンフィクション」「コミック」「児童書」に分類しております。
ブログ右手(PC版では)のカテゴリ欄もどうぞご活用くださいませ。

場合によっては店頭在庫がないこともございます。
ご了承くださいませ。
(2017年7月)

[PR]
# by 75bs | 2018-12-31 23:59 | はじめまして | Trackback | Comments(0)

『こはる日記』

e0166599_12325496.jpg

『こはる日記』
益田ミリ・著 / KADOKAWA 1200円+税
10代をくぐり抜けてきた、すべての人に贈るコミック

中学から高校へ、何気なく過ぎていくこはるの毎日。
揺れ動く感情を切り取った1コマ1コマが、大人になりたくない/なりきれない、誰もの胸にしまわれた「あのころ」を揺り起こす。
[出版社WEbsite作品紹介より]


読んでいる途中でふと、「現役10代女子が読んだら、どんな反応をするのかな?」と思いつき、家人に手渡したところ思いのほか速攻で読了し、感想は「え?・・・ん~・・・普通だったよ?」と超クール。

子ども扱いも嫌だし、身近な大人のようにはなりたくないと反発してみたり、このまま大人になってしまうのは、結構かなり不安だから、このままでいたいし、でもやっぱちょっと今の立場も変な感じ。

あぁ、そうそう、こんな毎日だったよなあ・・・と、私が読んで思った感慨を、現役10代女子が「普通」と感じたということは、こはるを通して描かれていることは、女の子の誰もが持ち合わせる昔も今も変わることのない本質なのだと言い切ってもいいのではないかと思います。

それを見事に描いていらっしゃる益田さんの洞察力・感受性に感服です。

そんな心は大人になるとなかなか表だっては出てこないかもしれませんが、誰の心の中にも「ここにいるからね。」とニコニコしながら私たちの毎日を見守っていてくれるのかもしれませんね。

 (M)


[PR]
# by 75bs | 2017-11-17 12:47 | 【おすすめ/コミック】 | Trackback | Comments(0)

『昭和天皇物語』

e0166599_12494756.jpg

『昭和天皇物語』1巻(以下続刊予定)
能條純一・著(原作・半藤一利、脚本・永福一成、監修・志波秀宇)
小学館 ビッグコミックス 600円+税
今世紀最大の話題作、ついに単行本化!!
大元帥陛下して軍事を、大天皇陛下として政治を一身に背負い昭和という時代を生き抜いた巨人。

波瀾万丈という言葉では表せないほどの濃密な生涯に半藤一利氏協力のもと、漫画界の巨人・能條純一氏が挑む--
「ビッグコミックオリジナル」誌で毎号にわたり衝撃を呼ぶ巨弾連載、待望の第1集は、その少年時代が大胆な解釈と圧倒的な画力で描かれる…!
「天皇誕生日」と言えば「4月29日」(現在の「みどりの日」)がふと思い浮かんでしまう年代の私なのですが、物心がついた時には既に「象徴天皇」として存在していらっしゃった天皇陛下の激動のご生涯は全く知らないので、それが描かれようとしているこの作品に、本が入荷した時、ついと手が伸びました。

皆さまもきっとプロローグで思わず心をグイッと捕まれるのではないかと思います。

大人はもちろん、昭和天皇は歴史で少し習う程度の昭和末~平成生まれの皆さまにもぜひ手に取っていただけたら嬉しい作品です。

 (M)




[PR]
# by 75bs | 2017-11-15 12:26 | 【おすすめ/コミック】 | Trackback | Comments(0)

『ジャパン・トリップ』

e0166599_12534530.jpg
『ジャパン・トリップ』
岩城けい・著 / KADOKAWA 1400円+税
はじめまして、ニッポン! 期待の新鋭・岩城けいが描く、7日間の大冒険!
オーストラリアから日本でのホームステイに参加したショーン。
ステイ先の家族はとっても親切で幸せをかみしめていたショーンだけど、心に秘めた日本来訪の“本当の目的”を達成するために大事件を起こしてしまう!
[出版社Website作品紹介より]

ちょうど日本の小学5、6年生にあたるオーストラリアの子どもたち、父兄、担当教師と、ホームステイの受け入れ側となる日本の家族の間に繰り広げられる成長物語です。

初めて海外へ出かけると、日本との違いに世界は広くていろいろな考え方があるものだと、ちょっとしたカルチャーショックを感じると思うのですが、10歳前後からを表現する「ギャングエイジ」という言葉がぴったりなこの年代のショーンやその仲間たちが、短期間で経験する非日常で起こる多大な出来事に、感受性をビシバシと刺激されて湧き起こるさまざまな想いを、それぞれが胸の内でどんどん化学反応を起こしながら、周りの大人も巻き込んでお互いに成長していくさまは読んでいてとても惹きつけられました。

もうひとつ思わず感嘆したのが、ホームステイについての説明会や集合した子どもたちが目的地へ向かう間の会話のやり取りの描き方で、思わずその手法の秀逸さに目を見張りつつ、まるで自分も説明会会場にいる父兄や、子どもたちの引率者になった気分で、思わず「あ、そうそう、人が集まると確かにこんな感じ。」と笑みがこぼれてしまうほど。

子どもは大人が想っている以上に思慮深くて、持っている力は測り知れなくて侮れませんよね。

大人になると、あの頃の気持ちは忘れがちですが、一緒に過ごす機会があると、ふと自分の子ども時代の純真な感受性を揺り起こしてもらうこともあります。
そんな気持ちも思い出させてもらえる一冊です。

 (M)


[PR]
# by 75bs | 2017-11-07 12:18 | 【おすすめ/小説等】 | Trackback | Comments(0)

『スケートボーイズ』

e0166599_12084989.jpg
『スケートボーイズ』
碧野 圭・著 / 実業之日本社 実業之日本社文庫 574円+税
学生フィギュアスケートの世界を舞台に描く、 胸熱の青春ドラマ!
一年ぶりに怪我から復帰した伏見和馬。
大学四年の全日本選手権を最後の舞台と定め、 フィギュアスケート部の仲間と切磋琢磨の日々を送る。
大学スポーツ新聞の記者・井手将人は取材を通じ、 選手たちに、そしてスケートに魅せられていく――。
家族やコーチとの関係、就活、友情、恋愛――夢に挑み、 葛藤し、成長する大学生たちを活写。

大ヒット『書店ガール』の著者が学生フィギュアスケートの世界を舞台に描く、 胸熱の青春ドラマ!

2018年2月開催の冬季五輪を控えたこの時期、 フィギュアスケートファンも、青春小説好きの方も、必読の一冊!
人気スポーツライターの野口美惠さんの巻末解説もお読み逃しなく!
[出版社Website作品紹介より]
2015年春にテレビドラマ化もされた『書店ガール』をはじめ、数々の作品を手掛けていらっしゃる碧野さんの本領が発揮されるテーマの一つがフィギュアスケートだと思います。

物語を創りだすということは、想像しかねるほど大変なことと存じているつもりですが、この作品を読んでいるときに、にこやかな表情で筆を進めていらっしゃる碧野さんのお姿をふと思い浮かべました。

今の日本男子フィギュアスケート界を背負う選手の皆さんも彷彿させつつ、登場人物ひとり一人の立ち位置から、それぞれの人生を通して、おそらく世の中の20歳前後の人たちや親世代の抱えている、現代社会での問題や人間模様など、社会に羽ばたく直前の不安、おそれ、裏切りによる衝撃、諦め、立ち直っていく様、期待、昂揚感などなど、切なさを秘めた恋心も含めて心の機微が胸に響いてくるのではないかと思います。真摯な姿にも心打たれます。

・・・ついつい親目線で読んでしまいましたが。(苦笑)

ルールやジャンプなどの種類について、知識の乏しい私にでもとてもわかりやすく文章に織り込んであり、実際の競技を観戦しているときの迫力にとても近い興奮を覚えました。

これからあちこちで、そして本年度は当地でも開催されるGP大会をテレビ観戦する際も、今まで以上に楽しめそうです。

(M)

[PR]
# by 75bs | 2017-11-04 17:23 |   著者別/碧野 圭 | Trackback | Comments(0)
e0166599_12250515.jpg

『僕とふたりのしろくろゴハン』
風町ふく・著 / ふゅ~じょんぷろだくと POE BACKSBe comics 675円+税
飼い猫が人間になって現れた!?
2匹の子ネコと暮らす中堅イラストレーター三上 隆弘(みかみ たかひろ)。
仕事はスランプ気味だし、ひとりの食事は味気ないし、と気落ちする彼の元に神様から突然のサプライズ。
愛猫たちが人間の姿になって現れた!
お腹をすかせた彼らのために慌ててこしらえたご飯。
ただの鮭おにぎりも、2人と食べるとこんなに美味しい…。
心温まる食卓に癒されるペット系食まんが、登場です。
[出版社Website作品紹介より]

三上さん家の愛猫2匹が、猫のときも擬人化されたときも性格の違いなども含めて、とにかくめちゃくちゃ可愛らしいのです。

幼い子どもに対して生きていくために大切なことを教え諭すときのようなやりとりにも、温かさが胸にじわっと沁みてきます。

出てくるレシピは最低限の手がかかっているだけのシンプルなものですが、愛情がたっぷり込められている分、幸せそうに食べる「3人」を見てるだけで十分に満腹に、いえ、お腹も空いて・・・すみません、癒されるかと思います。

疲れきってしまうと、どうしても頭も体も上手く動かず、なんでもないことでもわからなくなってしまい、途方に暮れたりもしますが、ほんのちょっと一息つくために立ち止まり、視点を変えて周りを見てみることから始めると、人は一人だけど独りじゃないことをはじめ、歩む道筋が見えてくることも、ふと思い出させてくれます。

2匹のしぐさや表情が、愛らしい猫の特徴をとてもよく掴んで描かれているので、何度も読み返してはつい微笑んでしまう一冊でした。

 (M)
[PR]
# by 75bs | 2017-10-27 12:23 | 【おすすめ/コミック】 | Trackback | Comments(0)

まほろば珈琲館ブログ

当店併設のまほろば珈琲館のブログができました。

定番外商品
お得情報
休業日のお知らせ
オーナーのおすすめ本などを発信予定です。

是非ご利用くださいませ。

ブログ「まほろば珈琲館 名古屋市瑞穂区七五書店内」は → コチラからお入りください。
(リンク/お知らせ欄にもリンクを貼ってあります。)


(M)
[PR]
# by 75bs | 2017-10-27 11:30 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

『キラキラ共和国』

e0166599_12540174.jpg

『キラキラ共和国』
小川 糸・著 / 幻冬舎 1400円+税
「ツバキ文具店」は、今日も大繁盛です。バーバラ夫人も、QPちゃんも、守景さんも、みんな元気です。みなさんのご来店をお待ちいたしております。
――店主・鳩子 亡くなった夫からの詫び状、川端康成からの葉書き、 大切な人への最後の手紙……。
伝えたい思い、聞きたかった言葉、「ツバキ文具店」が承ります。
[出版社Website作品紹介より]

ツバキ文具店のポッポちゃん(鳩子さん)たちが戻ってきましたよ♪

今度のお手紙たちには、誰がどなたに宛てたどんな想いを込める代筆でしょうか。

一作目の『ツバキ文具店』同様、誰の人生も、いろんなことはあるけれど平々凡々に過ごせる日々の偉大さというか、日常というものを維持していくための、さりげないけどたゆまない、努力してることにも気づかないほどの自分と周りの人たちの努力のありがたさ、そういうことの積み重ねからの賜物であるということなどが、押し付けじゃなくて淡々と描かれていて、読んでいるうちに何気なく気づかせてもらえる、そんな細やかな幸せも感じ、温かい気持ちになれると思います。

一つ一つの歩む道(人生)は、それぞれ歩んでいるの人が主役であり、いとおしく大切な道のりで、それを自分のためにしっかりと歩んでいけばいいものなんだと、読む人の気持ちを前向きに、幸せにしてくれるのではないかとも思います。

多少不穏な空気を感じるお話もありますが、心強い人たちを味方につけたポッポちゃんが、何が幸せで、どういうことが大切なのかを一つ一つ大切に噛みしめながら、日常と仕事を通してより良い一日をと真摯に向き合いながら過ごす姿は、私事ですが、ちょうどいろんなことが立て込んでいて「もぅダメだぁ、無理・・・。」と凹んだ気持ちがギュッと温かく包まれ、落ち込んでいたところからグイッと救い上げられ、「ほら、大丈夫、がんばれるよ。一緒にがんばっていきましょう。」と声をかけられ、手をとって引っぱりあげてもらっているようにも感じた作品です。

『ツバキ文具店』の紹介記事は → コチラ

 (M)



[PR]
# by 75bs | 2017-10-25 12:02 | 【おすすめ/小説等】 | Trackback | Comments(0)

『かあさんは どこ?』

e0166599_12473146.jpg

『かあさんは どこ?』
クロード・K・デュボア・作 落合恵子・訳 / ブロンズ新社 1400円+税
戦争から遠いはずのまちに、突然の砲撃。恐ろしい音がどんどん大きくなって、近づいてくる。家は、めちゃくちゃに壊され、家族はだれひとりいない。「かあさんは どこ? みんなは?」守ってくれる大人はなく、知らないひとのなかにその子はひとり。はしって、はしって、はしりつづけて...... 
[出版社Website作品紹介より]
かがくいひろし氏のだるまさんシリーズや、ヨシタケシンスケ氏の『りんごかもしれない』、岡田よしたか氏の『ちくわのわーさん』など、カラフルでユーモアがあふれ、興味をそそられる児童書の数々も世に出していらっしゃるブロンズ新社さん。

出版目録をめくっているときに、目に飛び込んできたのがこの作品でした。

本の帯には訳者・落合恵子氏のあとがきから抜粋された
「想像してください。いまもなお、地球のどこかで、こども時代をうばわれている子どもがいることを。」
と書かれています。

ミサイルに対する一抹の不安や、国民本位とはちょっと考えにくい政治の世界を見ていると、年端も行かぬ子が殺されるかもしれない恐怖の中、親兄弟とも離れ離れになって独りで日々を過ごさなければならないこの本の内容が、「地球のどこかで」ではなく現実味を帯びます。

未来からの預かりもの(授かりもの)である子どもたちと地球のために、どうしたらよいのかを考えるための一石にもなるのではないかと思います。

 (M)

[PR]
# by 75bs | 2017-10-11 12:13 | 【おすすめ/絵本】 | Trackback | Comments(0)

『百貨の魔法』

e0166599_11102217.jpg
『百貨の魔法』
村山早紀・著 / ポプラ社 1600円+税
時代の波に抗しきれず、「閉店が近いのでは?」と噂が飛び交う星野百貨店。
エレベーターガール、新人コンシェルジュ、宝飾品売り場のフロアマネージャー、テナントのスタッフ、創業者の一族らが、それぞれの立場で街の人びとに愛されてきたデパートを守ろうと、今日も売り場に立ちつづける――。
百貨店で働く人たちと館内に住むと噂される「白い猫」が織りなす、魔法のような物語!
「出版社Website作品紹介より]
 児童書も含めて、数多くの作品を書き続けていらっしゃるさきたん先生が紡ぐ言葉は、どれも奥が深く、けれども幼い子どもたちにもとてもわかりやすく、さりげなく心の中に沁みこんできます。
だからこそ、老若男女、誰の胸にもよ~く響いてくるのだろうと思います。

ご本人も作品も、本当に海や大地のようにふところが深くて温かいのです。
まるで母親に甘えるときのような安心感にさえも包まれる気がします。

けれども甘いばかりではなく、公平で平等な愛ある厳しさも兼ね備えていらっしゃいます。そんなお人柄をもよく表している文章のあちらこちらに散りばめられている言葉には、作品をお読みになった方の「宝物となる一言」が必ず一つ以上見つかるはずです。

 そして作品を拝読した時には「命を生きる」ことの大切さも根底には描かれているなぁといつも感じます。

 表紙絵をご覧いただくとお分かりになるかとも思うので少しだけネタバレをすると、星野百貨店の「H」はキーワードの一つでして、それには間違いなくホスピタリティ精神もしっかりと刻まれているなと、むか~しむかしにホテルマンをしていた者として、そんなふうにも感じました。

皆さまはお読みになって、どんな「H」を感じられるでしょう。^^

 人と関わるお仕事をされているかた・・・だけではないですね。どなたにもどんな形であっても、少なからず誰かとの関わり合いはあるでしょうから、やはり皆さんにお勧めしたい物語です。

 (M)


SNSでお話させていただくこともあり、その際には「さきたん」と呼びかけているので、本文中もその呼称を使わせていただきました。 
[PR]
# by 75bs | 2017-10-06 21:23 |   著者別/村山早紀 | Trackback | Comments(0)

おすすめ本をご紹介しています。 担当:平日午前中勤務・M


by 75bs